女性器 黒ずみ 薄くする

正しく女性器を洗って黒ずみ対策

石鹸は何で泡立てるの石鹸の泡立て方は
手なのかタオルなどがスポンジ角がどれなのでしょうか。

 

まず手で泡立てるというのは論外、泡が立ちません。

 

次にタオルは使って良いと思います。

 

 

しかしタオルは石鹸の泡を吸い込んでしまって石鹸の無駄になりますので、ベストな方法ではありません。

 

一番良いという方法は泡立てパフやスポンジを使う方法です。

 

泡立て用のスポンジは石鹸を無駄に吸収し泡を立ててくれますので、泡パックように石鹸を最小限に使うためにも重要なことです。

 

100円ショップでもいいので泡パック用のスポンジを買うようにしましょう。

 

 

泡パックでのお手入れ方法

泡パックをすれば良いということがわかったと思いますが、何分ぐらいパックをしたら良いのでしょうか。

 

現在では3分間という書いてあるサイトが多いですが、ここでは2分間以内を推奨したいと思います。

 

というのは刺激的な石鹸だとヒリヒリして染みることもあるからです。

 

2分以上放置すると大切な善玉菌が洗い流されてしまいますので、パックをしてもゴシゴシこすったことと同じになってしまいます。

 

作成 161214

 

女性器の黒ずみに保湿というお手入れが必要な理由

 

女性器の黒ずみを薄くするための正しいお手入れ方法

 

保湿はデリケートゾーンの黒ずみに必要だということはこのサイトで何度も紹介してきましたが、その理由は何なのかをもう一度確認していきたいと思います。

 

まず何故保湿が必要なのかというとお風呂に入ると天然保湿因子というものが流れ落ちてしまうからです。

 

天然保湿因子というのは肌の中に存在している保湿成分でお風呂の後にデリケートゾーン以外の所が突っ張ってしまうというまこれが洗い流されてしまっているからですそれではいつ保湿したらよいのでしょうか。

 

まず一番に必要なのがお風呂で洗い流した時ですね。

 

お風呂で洗い流すと石鹸も使えますので保湿成分がみんな流れ落ちます。

 

ですのでお風呂上がりは10分以内に保湿液を塗るようにします。
お風呂後の保湿ケアはとても大切です。

 

この刺激を抑えることのために保湿成分を配合します。

 

脱毛している方は特にこの点は重要
脱毛サロンで脱毛を受けたら必ず保湿をするようにします。
このサイトをご覧になるといいですよ。

 

 

 

そしてもう一つ大事なことがムダ毛の処理の後です。
ムダ毛の処理をすることでデリケートゾーンに刺激が加わります。